南海診療所からのお知らせ

平成28年度のアクティブサポート教室
〜ロコモ予防・改善 プラス骨粗鬆症予防・改善 〜編

2017年5月更新 1/1ページ

平成28年度のアクティブサポート教室(全5回開催)は3月21日をもちまして無事終了しました。今年度は、院長のミニ講演において、ロコモティブシンドロームや骨粗鬆症と関係のある、身体的フレイル(虚弱)・サルコペニア(加齢に伴う筋肉減少症)の話題も登場しました。参加された皆さんは、ミニ講演を通して、適切な食習慣と運動の大切さを改めて意識されたようでした。

恒例の院長によるミニ講演

フレイル(虚弱)と サルコペニア
この2つの言葉の意味を
皆さんしっかり学習されたようです

ダブルタスク(二重課題)トレーニング
今年度は 3パターン行いました

転倒予防だけでなく、認知症予防の効果も期待されます!

静的バランストレーニング 

お互いの信頼関係?が 重要!

スクワットトレーニング

基本トレーニングは 欠かせません

グループ別 動的バランストレーニング

修了証書と記念品の授与
今年の受賞者の方は

写真の宇治木さんは、今日に至るまで、診療所主催の各教室に数多く参加されています。
宇治木さんは、ただ教室に参加されるだけでなく、在宅においも日々ホームプログラムを実践されています。(年末・年始も大晦日を除いてホームプログラムをしっかり行っていました。)

今年度も無事終了することができました
平成29年度もさらに充実した教室を開催していく予定です
ご期待下さい!